« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の9件の記事

2009-06-17

2009年6月14日(日)練習(5年生チーム)

KA(5年生)チームは15人が参加し、8:30-12:00でたっぷりと練習しました。
ポジションにより2組に分けて、オフェンスはパス練習、DL6人は基礎の徹底を行いました。
DLは今年から入部した選手もおり、基礎知識も不足しています。
先週の試合の反省も踏まえ、ルール・アサイメント(役割)・技術の説明をしながら、ボールスタート、ランのアサイメント、パス・ラッシュ、フラッグ・プル、パシュートまで一連のドリルを行いました。

最後に、オフェンスのプレー合わせにDLとして参加し、QBサック等ファインプレイも見られました。
全員が今日覚えたことを忘れないようにして下さい。

中田英一(ワセダクラブ フラッグフットボール Kids-Aチーム担当コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-15

2009年6月14日(日)練習(小学生低学年)

プライマリー3年生チームは先週の試合をビデオで振り返りました。どの様なミスをしたのか、そしてそのミスがどう影響したのかを映像を観ながら説明しました。自分に与えられた役割を果たさないとチームに迷惑をかける事が分かった様でした。その後はフィールドでプレイ合わせをしながら動きの修正。悪い癖を直すのは容易な事ではありません。時折ミスが出ていました。気をつけましょう。その他の練習項目は、

パスディフェンスの練習。1対1の練習しかしませんでしたが、今後は1対2、2対2、2対3の練習もしますので、外の選手・セーフティーの選手の動きの違いを忘れないで下さい。

フラッグプルの復習。ここでも悪い癖(片手で行く)が目立ちました。基本をしっかり身に付けましょう。

他のプライマリーチームとスクリメージ。フラッグプルのミスが多かったです。練習でできない事は試合でもできません。練習中は集中しましょう。

内藤 (ワセダクラブ フラッグフットボール Primary(低学年)担当コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-14

2009年春 Jr関東北オープン大会

2009年度最初の公式戦を早稲田実業中学のグランドで戦いました。
初戦の相手は1回戦で足立学園Bチームを破って勝ち上がってきたラッシャーズでしたが、30対7の敗戦でした。ちなみにラッシャーズは次の早実とのブロック決勝も30対20で勝ち、東日本選手権への進出を決めました。
さて、敗因ですが、以下の通りと考えます。
〇オフェンス(少なくともあと2本はTDが取れた)
 ①スナップミスが多発
 ②ファンブル
 ③QBの視野が狭い(これは仕方ありません)
 ③走力(スピード)がない
〇ディフェンス(②が出来てれば2本は抑えられた)
 ①スピードについていけない(最大の原因)
 ②フラッグプルのミスが多発
 ③声が出ていない
 ④集まりが遅い
しかし、ディフェンスでTFPを全部止めたのが最大の成果です。ゾーンディフェンスががしっかり機能したということでしょう。
今日の敗因は秋の大会に向けての課題です。敗戦の悔しさをしっかり受け止め、全員が目標意識を持って、これら課題をチーム一丸となって解決していきましょう。

PS. 試合の写真を志茂さんがwebにアップロードしてくださっています。ぜひ、ご確認ください。

 http://photozou.jp/photo/top/113347

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-12

2009年ドリームカップ Kids 6月7日試合結果

○Kids
・Wチーム
いよいよ決戦の日。一発勝負のトーナメントは何が起こるか分からない、やはり緊張するものです。朝の集合時から選手の緊張が伝わってきました。さらに今日は快晴&高温で体力の消耗とも戦わなければならない。いつもの自分達のプレーをすることが出来るか、これが勝負の分かれ目でした。
一回戦はシーガルズ(6年生チーム)。先行しては追いつかれる展開でしたが、相手に合わせるのではなく「自分達のプレーを!」、試合中に何度も念を押しようやくペースをつかんでからは差を広げることができ、終わってみれば44-19で初戦を突破することが出来ました。
二回戦(ブロック決勝)はPFC・Rを25-14で破った湘南アクアとの試合でした。ここでも「自分達のプレーを!」と口酸っぱく選手に語り続けたのが奏功し、終始ワセダのペースで試合を進めることが出来ました。結果は62-0で勝利し7/5開催予定の決勝ラウンドへの切符を手にすることが出来ました。たくさんのミス、数々の課題が出た試合でしたが、一方で今後の成長につながるいいプレーもたくさんありました。
応援してくださった方々に感謝しつつ、期待にこたえるべく7/5に向け、チーム力を高めていきたいと思います。応援ありがとうございました!!

江崎信友 (ワセダクラブ フラッグフットボール Kids(高学年)Wチーム担当コーチ)

・Aチーム

KAチームは、トマホークスを55:7で破った立教との対戦。
早稲田先攻の最初の攻撃は、FD(ファーストダウン)もとれず攻守交替。
守備は、相手のランプレーに一発でTD(タッチダウン)をとられました。
その後も一方的な展開で、前半終了2秒前からもロングパスでTDをとられ0:27で前半終了。
後半最初の攻撃で1本TDをとりますが、守備が最後まで相手の攻撃を止めることが出来ず、6:53の大敗でした。

KAチームは20名の大所帯となり、試合での全員出場と練習密度向上の為に2チーム制をとっています。
しかしながら、秋に向けて大幅なレベルアップが必要なことが、この試合でわかりました。
攻撃では、QBのパス精度が低く、ブロックのスピード・しつこさも足りません。
守備では、アサイメント(各自の役割)のミスが多く、フラッグ・プルのミスも続出しました。
一番の問題は、後半の守備で相手のロングゲインを最後まで追いかけない選手がいたことです。
これでは、試合に出る資格がありません。
「最後までやりぬく」ことは、ワセダクラブでフットボールをやる全選手が守るべきことです。
気をつけましょう。

中田英一(ワセダクラブ フラッグフットボール Kids(高学年)Aチーム担当コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-10

6月7日 Jr練習

いよいよ来週は試合(関東来た地区春季大会)です。実戦形式の練習に多くの時間を割きました。オフェンスは最新のプレーブックを使ってプレー合わせを行い、ディフェンスは先週に引き続きゾーンを中心にプレーしました。自分の外側を抜かれない、ボールキャリアがスクリメージラインを超えたら全員で集まる、声を出すがポイントでしたが、声がまだまだ足りません。特にディープゾーンをカバーする際は、前の選手に対して後ろから大きな声で指示をすることが大切です。試合前最後の練習として、13日(土)も練習を予定しています。午後の方が多くの選手が集まれることから、午後にグランドが確保できないかを確認中です。決定したら連絡します。
暑くなってきました。日射病、熱射病対策のため、練習の際は帽子を必ず着用してください。

ご父兄へお願い
次週の試合の様子をビデオ撮影してください。ビデオの撮り方にも若干のコツがありますので、当日、越智コーチからご説明させていただきます(決して難しいことではありません)。三脚があればお持ちいただければ便利です。強くなるためには、自分達がどのようにプレーしているかを客観的に見ることがとても大切です。ご協力をお願いします。

山口(ワセダクラブ フラッグフットボール Jr.担当コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-09

2009年ドリームカップ Primary 6月7日試合結果

posted by (C)ワセダクラブ フラッグフットボール アメリカンフットボール

2009年6月7日(日)に出場した各チームの試合記録です。

○Primary

・Aチーム

ドリームカップが始まりました。PAの相手は練馬を1回戦で下したシーガルズA。先攻はシーガルズ。リズム良くフラッグを獲り、相手を追い込んだ4thダウンでロングパスを決められTD&TFP。試合の流れが瞬時に変わりました。
その後は終始相手を追う展開。前半は6-20のビハインドで折り返す。後半早々パスを決め、8点差とするがDefenseが踏ん張りきれず12-26。集中力が切れたのか、その後はOffenseでも苦戦。追加点を上げる事無く試合終了。
今日はミスが目立ちました。Defenseポジションの役割を忘れたりフラッグプルのミスがあり得点は全て同じプレイから奪われました。Offenseではボールスタートが遅れブロックミスへとつながり試合の流れを引き込む事ができませんでした。相手に負けたと言うより勝たせてしまった後味の悪い試合でした。
この結果をチームの一人一人がどう受け止めるかが大事です。そして今後二度と今日の様な無気力試合をしない事を期待してます。

内藤 (ワセダクラブ フラッグフットボール Primary(低学年)担当コーチ)

・Redチーム

新チームになって初めての試合。ドリームカップが始まりました。新2年生・1年生の加入があり、試合準備も充分ではありませんでしたが、「決められた動きをみんなが全力でやりきろう」を合言葉に初戦に臨みました。
シーガルズBチームとの初戦。立ち上がりからディフェンスの動きも良く、相手オフェンスの攻撃を止めていましたが、反則とフラッグプルのミスが重なり先制を許しました。
続くオフェンスの攻撃は、QBのビックランがあり、同点に追いつきました。
一身一体の攻防が続きましたが、ディフェンスは動きに一層切れが出てきて相手オフェンスを圧倒。オフェンスも効果的に追加点を重ねて、結果23対12で初戦を飾ることができました。
決勝リーグ進出のかかった2回戦。相手はRFC。昨年大敗した相手に昨年からのメンバーは闘志を燃やして臨みました。相手の早いスピードに圧倒され早々に得点を奪われる展開となりましたが、オフェンスも取り返し一身一体の攻防。前半終了間際、ゴール前までオフェンスは攻め込みましたが、反則が重なりタッチダウンは奪えず。
後半はディフェンスも健闘しましたが、相手のスピードに最後まで翻弄され、オフェンスもあと1歩のところで反則が重なりリズムがつかめないまま、結果30対12で敗戦となりました。
今日の試合を通じて選手達は希望と課題を得たと思います。希望は、昨年大敗した相手に健闘できたこと。昨年1年を通じてみんなが成長した証拠です。課題は「反則」「アサイメントミス」「フラッグプルミス」です。でもこれらは練習期間の短い中ではしょうがないことでもあります。秋の本番はこれらを解決して優勝を狙えるチームにみんなで努力していきましょう。
暑い中での試合でしたが、体力もついてきました。今後が楽しみになったドリームカップでした。

太田裕治 (ワセダクラブ フラッグフットボール Primary(低学年)担当コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-07

2009年度関東キッズ春季トーナメント「ドリームカップ」開始

いよいよ予選トーナメント開催となりました。

今日は晴天の下、早稲田大学グランドにおいて午後12時30分開会されたドリームカップ予選トーナメントに、ワセダクラブからはKW(Kids6年生)、KA(Kids5年生)、PA(Primary3年生)、Pホワイト(Primary1,2年生)が出場しました。

その結果、KWは決勝リーグに進出。KA、PA,Pホワイトは残念ながら敗退となりました。

しかし、シーズンは始まったばかり。勝ったチームも負けたチームもこれからが勝負です。

よかったところ悪かったところを振り返り、しっかりと反省すべきことを頭において次の機会に活かしましょう。

本日試合のなかったKS、Pレッドは21日(日)に試合となります。

張り切って参りましょう。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-06

明日6月7日から開催 ドリームカップ

いよいよ始まります。試合がある各チームはよく休んで明日に臨んで下さい。
練習のみのチームもしっかりと向上し、またしっかり応援しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-03

2009年5月31日(日)練習

今日は朝8時開始、いつもより長く12時まで練習時間がありました。

練習時間がたっぷりあったので、小学生はアップ後6ヶ所で各種ドリルを行いました。大学生コーチも積極的に参加してくれました。

ミラードリルでは、どのチームも疲れと共に腰の位置が高くなり、フォームが崩れてきました。又、Kidsの選手は練習のために練習している様に感じ取られました。 試合で勝てる為、あるいは自身のレベルアップの為等の自覚を持って欲しいです。 確かにミラードリルは地味でキツイドリルですが、スクリーンブロックが許されているカテゴリーだけにしっかり身につけてもらいたいスキルです。 (担当ヘッドコーチ不在が原因だったとは思いたくありません)。 他のドリルでは張り切っていたかもしれません。

○Primary

9:45以降は各チームで練習。低学年は3チームのローテーションでスクリメージをしました。白・赤チームは40秒ルールは適用せず、しっかりプレイを見てからセットに入りました。1年生の理解が深まっているのが伺えました。

ドリーム・カップまで一週間と迫りました。

低学年はそれぞれプレイ合わせ重視の練習。1年生もOff・Defの役割を覚えるのに必死です。ドリルとは一味違うプレイの流れの中での1対1の大切さを実感している様です。

試合ではいかにミスをしないかが勝敗を分けます。練習で失敗は恐れず、その失敗から学んで行けばきっと良い選手になれる事を忘れずに。

内藤忠男 (ワセダクラブ フラッグフットボール Primary(低学年)担当コーチ)

○Kids

いよいよ来週に迫ったドリームカップ。昨年のような5ヤードルールはないものの、まだまだやるべき事、課題の多い段階のWチームはアジリティー、基本的な動作確認を中心として練習を行いました。

練習終了後には今日習得した事、ミスした内容をどう生かしていくかを自分自身で考え、それを行動に移して欲しいと選手達に伝えました。そして女子メンバーを含めたW選手達全員がどこまで強豪チーム勢に通用するか、挑戦者として試合に臨んでいきたいと思います。

竹内 (ワセダクラブ フラッグフットボール Kids(高学年)Wチーム担当コーチ)

○Jr.

今週も、BigBearsの選手に指導して頂きました。
全体でアップを行った後、各カテゴリに分かれてからもJrだけでアジリティメニューを追加でこなしました。先週、BigBearsの選手に指導していただいたスタートダッシュとバックペダルは、全員でおさらいを行いました。さらに、より実戦をイメージした練習ができるように、オフェンスとディフェンスに分かれ、1対1でパスコースを走る(パスコースをカバーする)練習も行いました。

フラッグプル練習では、BigBearsの選手にも参加してもらい練習相手になってもらいました。慣れないフラッグプルに苦労する場面もありましたが、素晴らしいスピードとテクニックを見せてもらえました。ただ「すごい」と関心するだけでなく、少しでもよいのでマネしてみてください。

練習後半はプレー合わせに多くの時間を使いました。オフェンスに参加しないときはBigBearsの選手と一緒にディフェンスに入り、ゾーンディフェンスを中心に指導してもらいました。

ポイントは自分のゾーンの最後尾にセットし、プレーが逆サイドに展開しても自分のゾーンをキープすることでした。1プレー毎に良かった点、悪かった点の指摘を受け、全員がどんどんレベルアップしていきました。

プレー合わせの中でBigBearsのQBの橋本選手からは、ディフェンスの隊形を見て弱点を突くプレーを選択すること、またDBの松田選手からはディフェンスの際、走ってくる相手の真正面に位置するのではなく少しずれてポジションを取り、空いているサイドに誘う(相手を走路をコントロールする)ことを教えてもらいました。

6月14日の試合の組み合わせが決まりました。初戦の相手はラッシャーズと足立学園Bの勝者になります。どちらが勝ちあがってきても強敵ですが、勝てない相手ではありません。練習頑張りましょう!!

山口(ワセダクラブ フラッグフットボール Jr.担当コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »